ビットコインを楽天ウォレットで始める方法とは?口座開設のメリットと注意点

ビットコインを楽天ウォレットで始める方法とは?口座開設のメリットと注意点

ここ最近では、仮想通貨を利用して買い物をできる店舗もかなり増えてきている。

特に仮想通貨の代表格であるビットコインを利用できる店舗は有名どころだと「ビックカメラ」「コジマ」などの家電量販店でも使う事ができ、今も増え続けている状況だ。

仮想通貨がこのようにどんどん世間に馴染んできた事に加え、価値が急上昇する事も多い為仮想通貨を株式取引と同じような一種の投資として行う方も増えた。

ビットコインで莫大な利益を得た方という記事を見て仮想通貨の取引を始めた、または始めてみたいと考えている方も多いのではないだろうか?

買い物に使う為、投資の為いずれにせよ仮想通貨を手に入れなければスタートラインにつくことはできない。

仮想通貨を購入する方法はいくつかあるが、最もポピュラーな方法としては仮想通貨取引所で口座を開設する事だろう。

仮想通貨取引所は多くあるが、今回紹介する楽天ウォレットもその一つだ。

楽天ウォレット

引用:楽天ウォレット

楽天ウォレットは名前の通り楽天のグループ会社であり、楽天ペイメント株式会社が100%株主の取引所だ。

楽天は他にも楽天証券を運営しており、ネット証券会社としてかなりの知名度を誇っている。またユーザーにとっても楽天証券はかなり使い勝手が良いので、ここを利用して金融商品を購入している方は多いだろう。

ただ、仮想通貨の世界では「Coincheck」や「bitFlyer」などの大手仮想通貨取引所の方が目立ち、更に知名度も高い。

その為、楽天ウォレットについてはあまりよく知らないと言う方も多いのではないだろうか。

そこで今回は、楽天ウォレットに焦点を当てて紹介していこうと思う。

具体的には、仮想通貨の口座を開くのであれば最も気になる事の一つ「取り扱い通貨」について紹介していく。

その後、楽天ウォレットで口座を開設し取引を行う際のメリットやデメリットについても紹介していこう。

仮想通貨をお試しで購入してみたい方や、楽天ユーザーの方にとっては興味深い記事になると思うので、ぜひご覧頂きたい。それでは始めよう。

楽天ウォレットで購入できる通貨とは?

楽天ウォレットで購入できる仮想通貨は、下記5種類となる。

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • ビットコインキャッシュ
  • ライトコイン
  • リップル

引用:楽天ウォレット

楽天ウォレットで購入できる通貨とは?

ただし、この中で現物取引可能な仮想通貨は「ビットコイン」「イーサリアム」「ビットコインキャッシュ」のみとなる。証拠金取引を行う場合は、この3種類に加えて「ライトコイン 」「リップル」も追加される。

ちなみに証拠金取引とは、自分が保有している資産の2倍取引ができる方法だ。

つまり、あなたが30万円を保有していればその2倍である60万円分取引ができる。一方、現物取引の場合は仮にあなたが30万円を保有していれば30万円までしか投資はできない。

他の仮想通貨取引所と比べると取り扱い通貨は比較的少ない印象だが、どの通貨も時価総額トップ10に入っている為このいずれかの通貨のみで取引を行っている方は多い。

次章から、楽天ウォレットのメリットについて紹介していこう。

メリット1:楽天スーパーポイントが利用できる

メリット1:楽天スーパーポイントが利用できる

楽天ウォレットのメリットとして最もよくあげられるのが、楽天スーパーポイントを利用できる事だ。

最低100ポイントからの交換とはなるが、1ポイント=1円相当で交換ができる。

楽天スーパーポイントを貯める方法は多くあるので、代表的な方法をいくつか紹介していこう。

中には無料でポイントがもらえる方法もあるので、極論を言ってしまえば無料でビットコインを購入し取引を始める事が楽天ウォレットでは可能である。

念のため付け加えておくが、楽天ウォレットで口座を開設するのも無料だ。

RAKUTEN Super Point Screen

このサービスは楽天ポイントを集めている方は必ずダウンロードしておくべきアプリだろう。

簡単に言ってしまえば、広告やホームページを見るだけで1ポイントが貯まる。

毎日平均で5ポイント程度貯まるので、3週間程度毎日コツコツ貯めていく事で100ポイントにはなる。他にもゲーム要素があり当たると1万ポイントがゲットできるので効率よくポイントを獲得できるチャンスがある。

楽天Edy

コンビニはもちろん自動販売機でも利用できる電子マネーの楽天Edy。

200円利用するだけで1ポイントが貯まるので、そのポイントを仮想通貨へ投資する事も可能だ。また、楽天カードで楽天Edyへチャージを行うと更にポイントが獲得できる。

最近ではマイナポイント事業と称して、楽天Edyへチャージをすると上限5,000円分のEdyがもらえるキャンペーンを行っているので、この機会に始めてみるのも良いかもしれない。

楽天カード

楽天カードを利用して公共料金を支払うのもポイント獲得の一つの手だ。電気・ガスはもちろん水道料金の引き落としなどに楽天カードを利用すると、ポイントが貯まる。

毎月固定費のようにかかってくる公共料金からポイントを生み出し、仮想通貨へ投資を行うのもありだろう。

ここまで楽天ポイントを貯める方法を紹介してきたが、注意点として期間限定の楽天ポイントと他のポイントから交換した場合は利用ができない事を覚えておこう。

メリット2:資産を守るセキュリティの高さ

メリット2:資産を守るセキュリティの高さ

仮想通貨にはハッキングのリスクはどうしてもつきまとってくる。

2018年に仮想通貨取引所の大手Coincheckは外部からハッキング攻撃を受けて、580億円相当のネムという仮想通貨が盗まれたニュースもあった。

ちなみに現在Coincheckは、マネックスグループの傘下に入り二度と同じ事が繰り返されないようにセキュリティ面を強固している。

現実のお金とは違いインターネット上のお金という性格から、セキュリティがしっかりしていない取引所は選ばない方が賢明だ。

楽天ウォレットでは大きく3つに分けて資産を守る強固なセキュリティ対策を行なっている。それぞれ紹介していこう。

2段階認証の導入

楽天ウォレットでは2段階認証を取り入れている。楽天ウォレットにログインする際はIDとパスワードを入力する必要がある。

だが、仮にこの2つが悪意のある第三者に漏れてしまった場合、最悪仮想通貨を盗まれてしまう可能性だってある。

一方楽天ウォレットでは、Google認証システムを利用した2段階認証を取り入れているのでセキュリティ面は高いと言える。

もちろんこのシステムを導入すれば、100%問題盗難されなという事ではないが、セキュリティ面の強化の為には必須とも言えるだろう。

この仕組み以外にも楽天ウォレットでは、更にセキュリティ面を高める為「コールドウォレット」「口座の分割」を行っている。

コールドウォレット

仮想通貨の取引を行っていないと、この言葉はあまり聞き慣れない言葉だろう。

コールドウォレットとは、ビットコインなどの仮想通貨を保管する方法の一つだ。

仮想通貨とはインターネット上にあるお金で、そのお金を保管する財布がある。これをウォレットという。

つまりインターネット上に財布があって、その中に仮想通貨を保管しているとイメージすると分かりやすいだろう。

一見便利ではあるが例えば他の悪意がある第三者がインターネットを利用し、不正アクセスを行ったとしよう。すると、あなたの仮想通貨は奪われてしまう可能性もある。

でもコールドウォレットなら大丈夫だ。

コールドウォレットは、そもそもインターネット上から完全に切り離された場所に保管をする方法で、セキリュティレベルはとても高い。

悪人がインターネットを利用して不正アクセスを行なっても、そもそもその財布はオフラインであるから盗まれる可能性はとても低い。

ちなみに、ネットワークに繋がれたままの財布は「ホット・ウォレット」と呼ばれる。

口座の分割

楽天ウォレットでは、顧客の資産を分別して管理している。

言い換えれば、資産は楽天ウォレットにはない。楽天信託株式会社の信託口座に預けられている。これが口座の分割だ。

なぜこのような事をしているかというと、万が一楽天ウォレットが破綻した場合のリスクを見越した上である。

仮に楽天ウォレットが仮に破綻してしまった場合、資産が分割されている為、外部の弁護士を通じて返還される仕組みが確立されている。

楽天ウォレットが破綻する可能性は今の所ほぼありえないかもしれないが、自分の資産を守る為の大事な仕組みであると言える。

メリット3:最短即日で口座開設

メリット3:最短即日で口座開設

楽天ウォレットでは、最短であれば即日口座を開設することができるのもメリットの一つだ。

一般的に、仮想通貨の口座を開設するには1週間以上の時間がかかる場合が多い。

しかし楽天ウォレットの場合、楽天会員であり楽天銀行を保有していればかなり簡単に、そして早く口座を開設する事ができる。

メリット4:AI応答サービス

メリット4:AI応答サービス

最後のメリットとしてあげたいのが、AIによる自動応答サービスだ。

このサービスは楽天ウォレット独自のもので、ユーザーがチャットで質問をするとそれに合わせた回答をAIが自動で提示してくれる。

仮想通貨をこれから始める方にとっても安心できるサービスと言えるだろうし、回答をすぐに知りたいという方にとってもありがたい。

メリットのまとめ

ここまでが楽天ウォレットのメリットだ。まとめると下記の通り。

  • 楽天スーパーポイントが利用できる
  • 資産を守るセキュリティの高さ
  • 最短即日で口座開設
  • AI応答サービス

セキュリティの高さはもちろんだが、楽天会員であればより一層楽天ウォレットで口座を開設するメリットが多いのではないかと思われる。

ただ、残念ながら楽天ウォレットにも他の取引所と比べて劣っている点がいくつかある。

楽天ウォレットを利用して口座を開設するかどうかを総合的に判断してもらいたいので、次章からは楽天ウォレットのデメリットについても紹介していこう。

デメリット1:取り扱い通貨が少ない

楽天ウォレットの1番のデメリットが取り扱い通貨の少なさだろう。

確かに大手仮想通貨取引所のCoincheckでは14種類、bitFlyerでは11種類の仮想通貨を取引する事ができるので比較すると楽天ウォレットで取り扱っている仮想通貨の種類はかなり少なく感じられるだろう。

ただ、楽天ウォレットが取り扱っている5種類(現物取引の場合は3種類)の仮想通貨はどれも時価総額が高い。

また、仮想通貨の口座は一つしか開設できないわけではなく複数開設できるので、お試し感覚で開設してみるのも良いかもしれない。

デメリット2:メンテナンス時間がある

仮想通貨の取引と言えば24時間365日できるという印象が強い。

株式投資やFX取引の場合だと、日曜日は取引ができないのが一般的なのでこの点が仮想通貨のメリットだと書いている記事も多い。

だが、楽天ウォレットの場合毎週メンテナンスとして水曜日の午後2時から午後5時まではログインや口座開設ができない。つまり取引ができないという事だ。

この時間は仕事をしている、もしくは何か他の用事があれば問題はないが、水曜日にしか取引ができないという方は楽天ウォレットでの開設は避けた方が良いかもしれない。

それ以外にも短い時間だが、毎朝6時55分から7時の間もログインや取引は不可であるという事を覚えておこう。

楽天銀行の口座がないと面倒

楽天ウォレットで口座を開設するには、楽天銀行の口座がないと少々面倒である。日本円の入出金自体も楽天銀行のみでしか認められていない。

仮に楽天銀行を保有していないと、らくらく本人確認を行う必要がある。

名前は楽そうだが、実際は運転免許証など本人確認できるものを用意したりしなくてはいけないので、少々面倒だ。

この一手間は、新規楽天ユーザーにとってはデメリットの一つだろう。

デメリットのまとめ

大きくこの3つが楽天ウォレットのデメリットとなる。まとめると下記の通り。

  • 取り扱い通貨が少ない
  • メンテナンス時間がある
  • 楽天銀行の口座が必要となる(楽天ユーザーになる必要がある)

あなたが取引をしたいと考えている通貨が先ほど紹介した5つの仮想通貨以外であれば、残念ながらこちらで口座を開設するのは控えた方が賢明だろう。

また、水曜日に取引が集中しそうな方、楽天銀行の口座開設が面倒だという方も同様となる。

一方で、仮想通貨の取引を初めて行いたい+楽天ユーザーでありとりあえず何でも良いから仮想通貨の取引を経験してみたいという方にはオススメできる。

まとめ

いかがだっただろうか?最後にこの記事をまとめよう。

取り扱い可能通貨

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • ビットコインキャッシュ
  • ライトコイン
  • リップル

メリット

  • 楽天スーパーポイントが利用できる
  • 資産を守るセキュリティの高さ
  • 最短即日で口座開設
  • AI自動応答サービス

デメリット

  • 取り扱い通貨が少ない
  • メンテナンス時間がある
  • 楽天銀行の口座が必要となる(楽天ユーザーになる必要がある)

繰り返しにはなるが、楽天ユーザーでこれから仮想通貨の取引を始めたいという方には口座の開設をオススメしたい。

また、意図せず貯まってしまった楽天ポイントを何か投資に回したいと考えている方にもオススメ。

楽天ポイントの使い道がないからとりあえず楽天ウォレットでビットコインに投資をしておくか、と毎月ビットコインへ投資をしておけばもしかしたら今後とんでもない利益になってあなたの元に帰ってくる可能性もあるかもしれない。

>オンライン決済・キャッシュレス・仮想通貨・投資の情報メディア

オンライン決済・キャッシュレス・仮想通貨・投資の情報メディア

「Partner in POCKET」は、オンライン決済やキャッシュレス決済などの新しい決済方法…そして投資の新たな選択肢となった仮想通貨(暗号資産)などについて、わかりやすく伝えることをミッションとしています。

正確性を重視し、信頼できる情報を提供できるようチーム一同尽力しています。どうか応援お願いいたします。

CTR IMG